明日はバレンタイン

  • 2013.02.13 Wednesday
  • 15:47
 
こんにちは。
明日はバレンタインですね☆


バレンタインは女の子にとって特別な日☆
愛のこもったプレゼントを、ずっと前から準備して…
だけど、そんな日に限ってアクシデント続出で渡せなかったり、
手作りチョコで失敗しちゃったり…。
この一大イベントに、女性は全エネルギー集中するのですが…

では、男性はどう思っているのでしょうか?
あるアンケートによると

プレゼントに物をもらうよりも、楽しい時間を過ごしたいという人が多数のようです。

■定番のファッション小物
「ネクタイや靴下は、いくつあってもいいのでうれしい。ホワイトデーのお返しの額にもあまり困らないのも助かる」
「小物を贈ってもらった際、好きなデザインだと『趣味が合うんだ』とうれしくなる」

ネクタイ、カフス、靴下などのビジネスマンの必需品は、やはり王道のプレゼント。まだ付き合っていない本命の彼へ渡しても、重くなりすぎないという点もポイントです。

■迷ったときのワイン・お酒!
「自分が前から探していた銘柄のワインをもらい、うれしかった」
「『一緒に飲もうよ』と言い、家に誘う口実になるのがいい(笑)

実は甘いものは苦手……という男性にも喜んでもらえるのが、お酒のプレゼント。珍しい海外ビールや、ラベルデザインがかわいいワインなど、相手の好みや雰囲気に合わせて選びましょう。

■女子度アピールのカード
「社内のちょっと気になる子からもらったチョコ。手書きのきれいな文字で、『いつもありがとう。またご飯いきたいです』と添えられたミニカードがついていた。中身は義理チョコと同じだったけれど、たぶんカードつきは自分だけ。もしかして本命? と、かなりドキドキしました」

交際前の関係での高額なプレゼントは押しつけがましくもなってしまうもの。そんなときにはシンプルに、カードで気持ちと女子力をプラスするのも策のひとつ。「義理なの? 本命なの?」という曖昧なボーダーラインが逆に彼の気持ちを揺さぶるかもしれません。

また、中には男性が思わずNGと思ってしまうプレゼントも。

■NG率が高い手作り系
「手編みのマフラーやセーターは実用度が低いので困る。別れてしまったあとは捨てづらいし……」
「ホールケーキをもらったことがある。全部食べ切れなかったら悲しい顔をされた」

気持ちがもっとも伝わりそうと思う反面、リスキーなのが「手作り系」のプレゼント。手編みや料理に自信のある女子なら別ですが、「手作りしたい!」という気持ちが暴走しているだけにならないように注意が必要です。

アンケートをみると、男性の多くがプレゼントよりも、一緒に過ごせる時間や、相手の気持ちなどを重視していることがわかりました。2人の仲を近づけるようなプレゼントを贈ることができれば素敵ですね! 

あなたはバレンタインに何を贈りますか?


彼がいない人も
友チョコ・自分チョコも楽しいのがバレンタインですね☆




コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック