洗顔は泡立ててなんぼ〜♪

  • 2013.02.09 Saturday
  • 20:15
 
お肌に塗る化粧品も大事ですが、美肌をキープするのには、メイクや汚れを落とす事をもっと真剣に考えた方が良いのではーと思います。

よくお客様に言っているのは、

クレンジングと洗顔する時のコツとして

・肌に負担の多い合成界面活性剤が入ってない洗顔料を使用する
・クレンジングはメイク汚れを十分に浮きあがらせるだけの量をつかう
・手早く落とす
・洗顔はたっぷりとしっかり泡立てる
・肌をゴシゴシこすらない。泡をころがす。
・洗い残しがないように流す
・すみやかに保湿する


特に注意して欲しいことは、

「良く泡を立ててください」と、いうことです。

少し泡が出来たら顔を洗いはじめ、顔の上で泡を立てるようなことしていませんか?
心あたりのある方は、すぐに見直して実践してください。



泡のキメが細かいほど泡の分子が小さく、毛穴にも入りやすく綺麗に汚れを落とすことができます。いい加減に泡立てると表面の汚れだけで奥に汚れが蓄積し、いずれお肌のトラブルの原因ともなります。

すぐに消えてしまうような泡じゃなく、
細かくクリーミーで、顔に押し付けても弾力のある泡を作ってください。



昨年、スカイツリーへ行った時に自分へのお土産に購入したのがコレ。
「まかないこすめ」の「とうもろこしから生まれた泡立てネット」840円
とうもろこしの線維で作られていて線維もとても柔らかな手触りの、生地が3重に折り重なった作りの泡立てネット。使用後は土に戻るので地球にもやさしく、燃やしても有害物質がまったく出ない、とのこと。ストッキングみたいに柔らかい良さそうーって思って購入。






洗顔石鹸の、もこもこ❤ふわふわぁー泡立ちに期待してやってみた
むむっ!! なかなか泡立たないよ、何でー?
「短時間でとても柔らかな泡を両手いっぱいに作り出すことが出来きます」って触れ込みだったけど・・・

気を取り直して、石鹸増量して揉みこむ揉みこむヽ(`Д´#)ノ ムキー!! 線維にコシがないので、いつもの時間の2~3倍かかってやっとこ、ふんわり泡ができました。
化学繊維のネットですると、あっという間にアワアワになるし、洗顔石鹸の量も多く使うのは、考えてしまうな。
天然繊維だけにガシガシ泡立てしたら、破れて持ちが悪くなりそう・・・





苦労して出来上がった泡は、確かに繊細でキメ細かく「ふわふわ」ですが、ちゃちゃっと洗顔したい人には時間がかかって少しストレスかも知れませんね
この泡立てネット商品は、繊細な泡が出来るし、そのまま繊維で顔を洗っても痛くないので、とっても良いです。
ただ、私は840円のエコより100円ショップなどでも買える化学繊維の時短を選ぶタイプだったみたいです( ̄▽ ̄;)


丁寧にお顔の汚れ落とすと、その後のお化粧品の浸透が良くなります。
さぁ〜頑張って「あわあわ」作ってくださいね〜



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック