顔ほぐし美顔で使用する「小道具」たち… その1

  • 2013.01.21 Monday
  • 13:26



当院の『顔ほぐし』美顔とは、

お顔の凝り固まった筋肉や脂肪をほぐしムクミをとり、滞った老廃物を優しく丁寧に流すことで、スッキリした小顔や、・リフトアップの為の施術で







テレビなどで見ていると、小顔のエステや特に骨気(コルギ)はかなり「痛い」というようなイメージがあるかも知れませんが、固いかっさでゴリゴリされても以外に「痛くないんだなぁ」と感じると思います。


よくお客様がおっしゃるのは、
「ぐいぐい押されたり、強く揉まれたりするかと想像してたので、痛くないわね。むしろ気持ちいいわ〜♪」との、お言葉を頂いております


施術をする時に用いるのは、

手によるマッサージ+小道具を使用しております。

それをご紹介したいと思います。






その前に



『刮(かっさ)』とは…

刮は中国でグアサと読み。日本ではグアシャと読みます。
Gua shaは世界保健機関(WHO)に認められた刮の英語書き方です。
中国伝統医術のひとつで、身体表面を擦り刺激する療法で非常に歴史があります。

東洋医学六つの治療法の第一療法が『かっさ』で、経絡、つぼを刺激することにより、気血の流れを調整して、老廃物を排出し、内臓各器官を活発にする医術。効能として神経を正常に戻し、ホルモンのバランスを調整することが期待できます。

美は健康に直結しており、美容としての効果が大きいのも『かっさ』が長い歴史を誇る理由のひとつではないでしょうか。

まとめると、中国伝統医術としての"かっさ"の役割は、体や顔をこすって体内を活性化し溜まっている毒素(血液の濁り)を出すことにつきるのです。

では、「かっさプレート」は、材質を問わず美容効果をだせるのか?という視点で考えると、かっさプレートの素材選びも重要なポイントになるかと思います。


かっさの材質・形状

かっさプレートの材質を分類すると、 

水牛の角・陶器・天然石・翡翠・プラスチック  など分かれています。

他にも色々な(四角型・さかな型・角型・勾玉型・くし型)や、さまざまなのプレートがございます。

それぞれのサロン様では用途に合わせ、技術者の手にフィットするプレートを選らんでいるのでしょうね。


そこで

当院が選んだ「かっさプレート」は


PYR(パイラ)プレート

「PYRプレート」は、Made in JAPAN 国産品です

素材は岐阜県で作られた磁器に釉薬を塗り作られました。特殊なパウダーを配合することにより、マイナスイオンや遠赤外線が発生し、マイナスイオンをあびながら肌にプラスアルファの効果をもたらします。
肌ざわりはとてもなめらで、プレートの動きで、老廃物を流します。

角を使ってツボ押ししたり、ほぐしたり、凸凹に合わせて流したり…

失敗談ですが、手についたオイルでプレートが滑ってしまって
危うく落としそうになり、「あっ」って声を出しそうになり、でも言えないので心の中で叫んでました
焦った顔はお客様には見えてないと思うので、涼しーい顔をして何事もなかったように施術しています

小道具を使用する時は注意しないといけませんねー。


PYR(パイラ)プレートは、当院でも販売しております。
ホームケアでも小顔効果が出しやすいプレートなのでお薦めです

¥3,500

PYR(パイラ)クリームを一緒に使用すると小顔効果もスピードアップします。

かっさプレートは、顔以外の頭や足など体にも使えるので用途は幅広いです。




▲蹇璽坤ォーツ愛とやさしさの象徴

天然貴石「ローズクォーツ」で作られた「かっさプレート」
ローズクォーツの優しい淡いピンクの色合いと、可愛らしい天使の羽の形には癒し効果があります。

手にとってみるとヒンヤリと冷たく、天然石ならではの重量感があります♪
なめらかですべすべのかっさは、肌あたりも良いパワーストーンです。

ローズクォーツは愛とやさしさの象徴とされ、女性の内なる美しさを輝かせてくれる石とされているのでローズクォーツでのお手入れは、美のパワーが増す感じがします。

またこの石は癒しのエネルギーにもあふれ、自分に対するマイナスな感情を優しくなだめてくれるため、ネガティブになりやすい人やトラウマや心の苦しみ痛みをもった人の心の感情を開放するパワーストーンなので、エステを受けながら癒されるのもメリットではないでしょうか






ローズクォーツ「天使の羽」プレートは、当院でも販売しております。
恋愛運アップのパワーストーンとして携帯するのにいいかも
¥2,000




続き その2は、近いうちに……。



ありがとうございました 



笑顔になれる 鍼灸&エステ
フィール九鍼堂
 03-5676-5900

鍼灸

エステ





コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック